img20190501165351213234.png img20190501174954010785.png img20190501174954010961.png img20190501174954010524.png

New

地理の会のホームページは、今回、独自ドメインを取得しました。ホームページのURLアドレスが

http://geo-friends.net/
に変更されましたので、ブックマークに登録されている方は、ご変更をお願い致します。

①2019年4.6 活動報告(城ヶ島・油壺巡検) を更新しました。
②2019年6.22 活動予定(会員による発表大会) を更新しました。会員以外の一般の方も参加可能です、地理・地図・地質・歴史などに興味のある方は参加、大歓迎致します。
 
REPORT

活動予定

活動報告地理の会のすべての活動はどなたでも自由に参加できます。地理の好きな人々が参加しやすい仲間のネットワークを広げられる場として、巡検および講演会(外部およびメンバーによる)を行っています。
地理の会のすべての活動はどなたでも自由に参加できます。地理の好きな人々が参加しやすい仲間のネットワークを広げられる場として、巡検および講演会(外部およびメンバーによる)を行っています。

 

現在計画中のこれからの予定をご案内します。

 

参加希望される方及び詳細については、下記のメールにお問い合わせをお願いします。
LinkIconegeofriends@gmail.com


2019.6.22
 
会員による発表大会
日時:6月22日(土)13:30〜17:00
場所:東京文化会館 小会議室1 (JR上野駅公園口前)
会費:500円前後 (出席者数により前後します)
発表項目
① 房総半島の川廻し地形―その概要と地形変化事例―
② 朝鮮半島の炭化水素
③ 高速道路整備が地域に与える影響
④ バーコード
発表大会後、懇親会を開催予定
 


2019.8 
 
講演&交流会
講演「ご当地グルメの地理学」講師:長谷川 直子さん
 


2019.10 
 
品川区(東京23区)巡検
 


 2019.12
 
講演&交流会&忘年会
 


 
活動報告

 


活動報告


2019.4.6
 
城ヶ島・油壺巡検
日時:4月6日(土) 
参加人数:19人
 
巡検のテーマ・見どころ
1.テーマ
「城ヶ島・油壺巡検」
みさきまぐろキップで行く、地形・地質・歴史・城郭・測量・グルメをいっぺんに味わえるハイブリッド巡検。
 
2.見どころ
城ヶ島でまぐろまんぷく券を使い、マグロ・しらす丼を味わった後、三崎層(地震の化石)と地震のたびに隆起した海岸段丘を見て三浦半島の成り立ちを知る。
全国有数のマグロの水揚港三崎では、三崎城遺構を見学して水軍の城の立地を確認後、観光市場うらりで三浦・三崎おもひで券でお土産をもらう。
油壺では日本の高さの基準を検測する験潮場を見学して記念写真。三浦氏滅亡の舞台となった新井城の遺構を見て往時を偲ぶ。
 
巡検行程
巡検移動距離及び経過時間:約27km(🚌バス、👟徒歩)、約6時間
① 三崎口駅集合 10:20 地理の会 巡検スタート
② 城ヶ島バス停着 (11:00) 🚌バス
③ 昼食@磯料理かねあ
④ 城ヶ島見学 (12:00ー12:50)👟徒歩
見学のポイント 地層の違い・隆起・スランプ構造・火炎構造・ミニ断層・馬の背遠望
⑤ 三崎港バス停着 13:20🚌バス
⑥ 三崎城址を見学 (13:30ー13:45)👟徒歩
⑦ 三崎港でお土産購入・自由時間 (13:50ー15:00)👟徒歩
⑧ 油壷バス停着15:10🚌バス
⑨ 油壷検潮所(15:15ー15:40)👟徒歩
⑩ 新井城址見学(15:40ー15:55)👟徒歩
⑪ 三崎口駅着🚌バス 16:25地理の会巡検ゴール
解散後、有志で横須賀にある、三崎の魚屋の居酒屋で、三崎の魚に舌鼓して楽しい巡検が終わりました。
 
行程地図

 Google Mapで、①〜⑪の位置を確認できます。
 
行程地形図 (クリックで拡大表示)


当日の歩行記録をiOSアプリ「スーパー地形」を用いて表示。
 
Photo巡検3選(クリックで拡大表示)
マグロ丼

 
城ヶ島

 
三崎城址
 


2019.2.16
 
講演&交流会
講演「世界まちかど地政学」 講師 藻谷 浩介さん
 
1.日時: 2/16(土) 13:30~17:00
2.場所: 日本地図センター(東京都目黒区青葉台4丁目9−6) 1階会議室
3.参加人数:28人
 
① 地図センターご挨拶
地図センター専務理事 井上 誠 様
 
② 講演内容
テーマ:「世界まちかど地政学」
 
講師:藻谷 浩介 さん
テーマ: 著書の「世界まちかど地政学」について
 
藻谷浩介さんは、地理の会会員でもあり、里山資本主義、デフレの正体、ニッポンの地域力などの著作や講演などで良く知られている方です。
国内では平成の合併前の全国市町村全部を訪問し、海外は約100ヶ国、米国では全50州を訪問しています。今回は、著書の「世界まちかど地政学」の中で会員からのリクエストの多かった、「“ドイツの北方領土”カリーニングラードで考えた」「旧ソ連・コーカス三カ国“世界史の十字路”の混沌と魅惑」についてお話しを頂きました。自らその地を訪れ、肌で感じた事に、地理及び歴史的項目を加えて、地政学および論理的な解釈で説明して頂きました。お話しは、この項目に限らず、派生的な事項(世界の言語の体系、民族の宗教感、ロシアのヨーロッパおよび中国のアジアでのポジション、世界の日本のポジションなど)についてもお話し頂き、講師の幅広く豊富な知識と何でも見て触れようとする知識欲に感嘆しました。
著書についてはこちらを参照。単行本 LinkIcon「世界まちかど地政学」
 
③ 連絡事項
地理の会今後の予定について
地理の会HPの運営について
 
懇親会
終了後渋谷近辺の文化センタ「ベルマール」にて懇親会を行いました。
藻谷 浩介さんも参加し、講演内容を含めた活発な質疑応答があり地理談義で盛り上がりました。最後に全員で集合写真を撮りました。
 

 

 
 


 
サイトトップ